海外ではカジノはごく普通にあります。

海外でギャンブルをしてきた経験

海外でギャンブルをしてきた経験

海外ではカジノはごく普通にあります

海外でギャンブルをしてきた経験

★63歳 男性

海外ではカジノはごく普通にあります。観光客を呼び込むための手っ取り早い施設ですし、雇用も生まれます。日本人は、海外のカジノと聞くと大金を失うイメージが強いかもしれませんが、実は海外のカジノの方が日本のパチンコなんかに比べると、ずっと少額で遊べます。還元率も90%以上なので、一晩で身ぐるみ剥がされるなどということもありません。
私は、海外でギャンブルをした経験があります。ラスベガス、イギリス、本場のマカオでもやりました。
それぞれに面白かったですが、一番思い出深いのは、わずかな小銭で大金を稼いだ、シンガポールで宿泊したホテルに併設されたカジノ場でのルーレットゲームです。
シンガポールは狭い国ですので、カジノは数箇所しかないのですが、どれも本格的でギャンブル性が強いのが特徴です。
私は、一晩で500万円負けた人を知っていましたので、熱くならないよう気をつけていました。

シンガポールでは、日本円にして5円程度から遊べるので、1万円もあれば何時間も遊べます。大きな勝負には出ず、ちまちま遊ぼうと決めていました。
ポーカーのように人間相手のゲームよりも、運のみで勝負するゲームの方が私には向いているので、まずはスロットマシーンで遊びました。
3千円ほど負けたところで、今度はルーレットをやりました。
そこでも3千円ほど負け、最後にしようと残っていた2千円ほどを、1つの数字に賭けました。
すると、それが大当たり、なんと15万円ほどになりました。
そこで調子に乗って続けると大変な目に遭うと思い、そそくさと換金して勝ち逃げしました。
お小遣いができて嬉しかったです。

ほんのわずかな時間で15万円も勝つ人がいるのですから、一晩で500万円負ける人がいても全然おかしくありません。ギャンブルをするなら、くれぐれも使うお金の上限を決めて、程々にしてください。

Copyright (C)2017海外でギャンブルをしてきた経験.All rights reserved.